iPhone8カバーにTPUソフトケースを選ぶ意味と注意点

iPhone8発売から早数週間が経過しました。しかし、カバーに代表されるスマホアクセサリー選びにも悩みどころです。衝撃吸収性、デザイン性など、アクセサリー面ではまだ何を選ぶか、何を使っていくかを決め兼ねている方も多いのではないでしょうか。 カバーはスマホを守ると同時にスマホを彩るアイテムです。せっかくのiPhone8ならなおさらのことです。背面のガラス張りデザインが映えないようではもったいないでしょう。 しかし、デザインに釣られるあまりもう一つの役割であるスマホの保護をおろそかにするようではなりません。新しいiPhoneでは背面のガラス面積が増えているため、スマホを守ることも大切なポイントです。

TPUソフトケースとは何か、どんな良さがあるのか

まずはTPUそのものについて説明します。TPUとは、熱可塑性ポリウレタンのことを指します。簡単に言えば、熱を加えると自由自在に変形し、冷めると弾性を持ちつつも一定の強度に戻るという物質、素材のことです。そんなTPUで作ったケースにはどんな良さがあるのか。大きく分けて3つです。 一つ目は先程も申し上げたとおり、弾力です。製品差はありますが、硬めのゴムのような感触のTPUは弾力が豊富です。(しかしゴムのような匂い、独特の質感などはなく、癖なく使うことができます)とりわけソフトケースであれば、万が一スマホを落としてしまったときも衝撃吸収ができ、安心です。 次に値段です。TPU素材は価格が安く、スマホケースについても素材として圧倒的なまでローコストです。最後に、デザインです。TPUは着色変形の加工がしやすく、様々なデザインのものがあります。それぞれの好みにあったデザインにスマホを着飾ることができます。

TPUソフトケースの選び方や買い方

TPU素材には独特の特徴があります。それらも考慮した上で、より良い製品を、より自分にあった製品を選びましょう。まずは色からです。TPU製品は着色や加工が容易なため、多くのカラーバリエーションに恵まれています。 例として、iPhoneの本体を活かす透過したもの(クリアケース)、ケースへのダメージが目立ちにい黒系など、好きなものを選ぶと良いでしょう。TPUは、長年使っていると微妙に色がつくことがあり、気にならない人は構いませんが、気になる人は完全透明のものではなく、色付きを選ぶ、その対策が施されたものを選ぶなど、そのような点も含め、自分のお気に召すものを選ぶと良いでしょう。 次に種類です。スマートな薄型タイプから手に馴染む、より衝撃吸収率の厚いものなどがあります。ベーシックな「普通」タイプもハズレがありません。また、ケースの保護範囲も様々ですが、こちらもデザインとの兼ね合いです。好きなものを選ぶと良いでしょう。 いかがだったでしょうか。iPhone8をお買いになった方は一つの選択肢として、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加